とんちんかんお気に入りエピソード②「真面目な抜作先生」

ついでにとんちんかん」のお気に入りエピソードをご紹介していきます。

前回紹介したのはこちら。

「こんな先生はこわい!の巻」

こちらは5巻の7話目に収録されています。

物語はいきなり、カミナリが落ちたところから始まります。人に落ちてしまって大変だと

駆けつけたところ、抜作先生だったことが分かり一安心します。

しかし、この時から異変は始まっていたのでした。

翌日、いつもと違う格好で教室に現れた抜作先生は真面目に授業を始めます。

唖然とする生徒に対し、抜作先生が真面目に叱ります。

珍平の推理によると、通常カミナリに打たれたショックで頭がおかしくなってしまうのが、

元々おかしい抜作先生の場合、逆に頭が良くなってしまったとのことです。

いつもと違う抜作先生に対し、校長と教頭が心配して声をかけます。

抜作先生が真面目に回答すると

ついには犠牲者が出てしまいますw

そして世間でも異変が起こり始めていました。

このままでは富士山が噴火してしまう事態にまでなりました。

抜作先生が真面目になってしまったのが原因として、とんちんかんのメンバーは

先生の記憶を呼び戻す為に、

怪盗とんちんかんになって先生の前に姿を現します。

しかし怒られてしまって終了でした。

最後の頼みの綱である先生の生徒でもあり現警察官で、先生と互角のアホである

天地くんに全てを託します。

抜作先生と天地くんはよく分からない激しい火花を散らしながらぶつかります。

激しくぶつかりあった結果、

天地くんまで真面目になってしまう羽目になってしまいましたw

そしてついには、

ハレーすい星が進路を変更して地球に激突してしまう事態にまでなってしまいました。

このままでは地球が滅びてしまう為、とんちんかんのメンバーは

抜作先生にもう一度電気ショックを与えもとに戻そうと試みます。

その結果がどうなったかというと、

抜作先生は死んでしまいましたw

普段の抜作先生は不死身で大丈夫だったんですが、普通の人になってしまった抜作先生は

そのショックで死んでしまったようです。

打つ手がなくなったと思ったときに天地くんが、

天地くんのよく分からない技?で目が覚めた抜作先生は起きるなり、

元に戻っていました(笑)

珍平も言っていますが、天地くんはいつ元に戻ったんでしょう?w

その後、異変が起きていた世の中も元に戻ることができました。

めでたしめでたし、と思っていましたが最後に、

でわでわ♪

※リンク追加