クリスマスエピソード② サラダデイズ 「初めてのクリスマス」

クリスマスの恋愛エピソードを紹介しています。

前回は「サラダデイズ」の「クリスマス」というお話。

今回もサラダデイズからご紹介。

初めてのクリスマス

第四巻の七話目が前編、八話目が後編です。

今回のお話は、真面目な委員長タイプの女、秦といい加減な男、桑田のお話です。

すでに付き合っている二人ですが、最近毎日ヤボ用といって一人で帰っている桑田。

この日はデートの約束をすっぽかしてヤボ用で帰ってしまいます。

親友に愚痴をこぼす秦。付き合って三ヶ月経つのに、一度も「好き」と言ってもらえて

ないことに不満を感じているようです。それを聞いた親友は

言ってもらうんじゃなく、言わせるもんだと教え、何か彼のために一生懸命に

なるように伝えます。そこで秦は、クリスマスが近いこともあり、

手編みのマフラーをクリスマスプレゼントに贈ろうと決心します。

編み物をやったことがない秦は姉に教えてもらいますが、クリスマスまで3週間。

姉は初めて編んだときは二ヶ月かかったと聞かされ、不安を感じますが

徹夜でマフラーを編み始めます。

翌日、デートをすっぽかした桑田がおわびに映画に誘います。しかしマフラーを

編むのでせっかくのデートを断ってしまいます。

一週間ほど必死に編んで大分進んで、一日くらい大丈夫かと思い映画に連れて行って

もらおうとしますがすでに公開が終わっていました。他の映画に誘いますが、

桑田に冷たくあしらわれてしまいます。いつもヤボ用といって相手にされない事に

他に女がいるのではないかと不安に思う中、たまたま桑田の姿を見かけます。

他の女と腕を組んで歩いているところを目撃してしまいます。

翌日、桑田に見かけたことを伝え、腕を組んでいた人は誰と問い詰めましたが

人違いじゃないかと誤魔化そうとします。するとタイミングが悪いことに

その人(山村)が現れ、秦は怒って去っていきます。

この人はバイト仲間で、クリスマスプレゼントの下見に付き合ってもらっていただけですが

完全に誤解してしまいます。彼女のためにバイトしていたことをヤボ用と言ってたのも

サプライズのつもりだったようで桑田は弁解しようとしません。

誤解したままの秦はせっかく編んでいたマフラーを全部ほどいてしまいます。

他の女の子と歩いていたこと、それを弁解せずにごまかそうとしたことから

完全にふたまたと決めつけ、屋上に桑田を呼び出し別れようと告げます。

納得いかない桑田はただのバイト仲間だ説明しても聞き耳持ってもらえず、

桑田は諦めて去っていきます。

それを山村はたまたま聞いていました。桑田とは本当にバイト仲間でプレゼントの下見に

行っていただけというのも教えます。そう言いながらも

秦から桑田を取ろうと挑発します。

ここで場面が変わって、山村と桑田のバイトシーンに変わります。

秦に宣言したとおり、山村はイブに桑田をデートに誘います。

そしてイブ当日。

クリスマスディナーを奢らされる桑田。高校生の山村が顔を真っ赤にしてますが

どうみてもお酒飲んでますね(笑)秦の親友も禁煙パイプ加えてますし、

普通に未成年がタバコ吸ってたりお酒飲んでるんですけど(笑)

山村は奢ってもらったお礼に桑田を家に誘います。家族は誰もいないといい、

桑田を部屋の中に連れていきます。家族は誰もいませんが

そこにいたのは秦でした。屋上での山村と秦の話の続き。

秦は桑田のためにマフラーを編んでいたこと、桑田は秦のためにバイトをしていたことを

二人に説明してお互いが思い合っているこを説明します。完全に仲介役ですね。

しばらく二人きりにするから話し合いなさいと言って出ていきます。

秦は一旦ほどいて編み直したマフラーを渡します。長さが足りない。それが今の自分で

好きと言ってもらえる資格がないと。桑田もまた渡せるものもお金もないと言います。

それでも、

お互いの気持ちは伝わって、仲直り出来たようです。

ちなみに山村も決して冗談で誘うかなと言ったわけではないようです。

部屋のレンタル料+二人の仲介手数料をディナー一食で引き受け

去っていく山村。非常にいい人でした。

でわでわ♪

※リンク追加